読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳専業主婦の日常

女子大生から専業主婦になったわたしとコメが栽培できる童貞SEの暮らしの記録

すごい人だなぁとしみじみ思った。

結婚が決まって、私は名前も変わって今までと違う町に住むことになった。知らない町の知らない家で暮らすことになった。

なんだか、人生激変だなぁと思ったら

すこし心細くなってしまった。

 

その時、わたしはいろんな変化の影響を受けるのはわたしばっかりじゃないかって思っていた。

 

 

でも、そんなことはないんだなぁと気が付いた。

彼の人生だって大きく変わっている。

ずっと一人で生きてきてこれからもそうするつもりだった人生にわたしを受け入れてくれた。

自分だけのお城だったお家に他人を受け入れて家の中を変えて行くことを決めてくれた。

 

 

それは、ものすごいことだ。

今までとは違う新しい人生が突然現れて、飛び込める大人はなかなか少ないと思う。それができる彼は本当にすごい。

 

彼と同じ年齢になった時、わたしは自分の人生をここまで変える選択ができるかな?今は若くて良くも悪くも向こう見ずで、自分の可能性を思い切り信じて生きられるけど、年齢を重ねてもそうあれるだろうか。すごく、難しいんじゃないかなって思うよ。

だから、彼のことを素直にすごいと思うしかっこいいなぁと改めて思う。

 

 

お互い、人生変えようって決めて、一緒にいるんだなぁ。

なーんだ、心細くなかった。

 

 

一人で変わって行くのだと思っていた時は、一歩前が暗くてこわいような気がしていたけど、

二人で歩くなら、この人となら、一寸先が闇だろうがなんだろうが、

 

石を削ってサラダ油を溜めてネアンデルタール人式のランプを作って、ティッシュをよじって作った灯芯に火を灯して明るくできる。

うん、大丈夫だね。

 

 

なんかあった時に安心して背中を任せられる最高の旦那さんである。

 

わたしはこの人の背中を預かるために、小銃みたいに太ごぼうを構えてささがきごぼうの弾をぶっ放そうと思う。

 

 

という訳で、

馬鹿みたいに見事にコケて、見事に捻挫して、見事に歩けなくなっている馬鹿ことプレ花嫁(?)であるわたしをよろしくね、かなめさん。