読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳専業主婦の日常

女子大生から専業主婦になったわたしとコメが栽培できる童貞SEの暮らしの記録

もやもやしていることを書き綴っただけのオナニー文。

彼氏が推しているアイドルグループの一人が水着グラビアで雑誌に載った。

それについて思ったこと。

 

 

アイドルとしても仕事があって、声優さんとしても仕事があるあなたが、

制服からスク水に着替えるグラビア撮影っていう性的に消費してくれと言わんばかりの仕事をする意味がわたしにはわからない。

 

 

本人がスク水を着てみたいということで望んでやった仕事だそうなので、どうこう言う必要もないし、私が勝手にもやもやしているだけのこと。フェミニストおばさんの妄言です。

あくまで書いて自分がすっきりしたいためのオナニー文章。

 

性的に消費されることになることをまったく考えなかったのだろうか。

それは、あまりに考えが足りなすぎないか?

 

 

性的に消費されてもいいと思っているのか…19の女の子が?

なんかもっと、自分の性を大事にしたっていいんじゃないだろうか。

もう十分、可愛さと声の演技で商品として成り立っていて売れているのにわざわざ自分の性を商品にしなくたっていいんじゃないだろうか。

 

 

あなたは十分社会的に地位があって承認されているのに。

これ以上を求めるのかい。

きっと、得るものはたくさんあると思う。でも、失うものだって確実にあるよ。

 

得るものはきっときらきらしていることでしょう。

でも、そのきらきらはそれまでの仕事の中でだって得られるものだと思う。これからいくらだって得られるものだと思う。

 

 

失うものは小さいけれど、もう取り戻せないものなんじゃないかなと、わたしは考えてしまう。

 

 

 

自分の性を売り物にしたら何ががすり減る。なんてことを言う人がいて、それを信じる人がいる。

 

ただ、それだけの話。