読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳専業主婦の日常

女子大生から専業主婦になったわたしとコメが栽培できる童貞SEの暮らしの記録

最近タイムスリップが激しいと思っていたら

最近、引越しに備えて彼の家から荷物を減らしているのだが、

手持ちの鞄に衣服をつめていたら、ゲシュタポに逃亡を勘付かれてしまうから、アンネフランク方式でなるたけ服を重ね着して運ばなければならないと思ってしまっていて、

めっっちゃ重ね着して電車に乗った挙句暖房で死にそうになっている。

(ここで思い出したんだけど、ユダヤ人電車乗ること禁じられてるから電車乗ったらだめだわ)

 

そんなこんなで最近大戦下のユダヤ人になっていたのだが、

 

今度は、石器時代に行ってしまった。

 

ネアンデルタール人を見習って、硬い石で柔らかい石を削って、油に灯芯を立てて使うランプの製作に乗り出した。

 

削り出したくぼみにサラダ油を溜めてティッシュをよじった灯芯にコンロの火をつけると見事なランプになった。

(たまたま彼と電話で話していた友人の方は我が家に文明の火がもたらされる瞬間を実況中継されたわけだが、

「コイツらは一体なにを目指しているのだ?」と思っているのをひしひしと感じたよ)

 

まあ、いいや。

古代つながりなのだが、

 

古代においては食料の確保や外敵からの防御に男手を必要としていた。

という記述を

『月経のはなしー歴史、行動、メカニズム』

という本の中で見つけた。

 

 

 

わたしが彼氏に求めていることまさにこれでは!?彼氏が最高である点まさにここに集約されるのでは!?!?

 

 

まず、彼氏は野菜とかコメとか作れるから食料の確保やってくれるじゃん?

狩猟や釣りにも挑戦したいらしいし、ニワトリの締め方とかも真剣に調べてるからタンパク源も確保できるし

ほら、食料の確保できた。

 

 

で、あとは外敵からの防御だけど、それはわたしが服装から変えて防御力上げていこうとか言って"てき"との"たたかい"に常に備えさせてるじゃん!

http://bonbowaa21.hatenablog.com/entry/2016/12/19/151140

http://bonbowaa21.hatenablog.com/entry/2016/12/19/180612

 

ほら、古代の人も外敵との戦いに備えてるし、やっぱり備えは大切。

 

 

 

 

うん。今、古代じゃなくて、

現代なんだけどね!!!!

 

 

とりあえず、彼氏が古代におけるめちゃモテパーソンなのはわかった。

 

でも、たぶん、それに魅力を感じる私も古代人。

 

石を削ってるとき、めっちゃ楽しかったし

DNAの中に確実に古代人がいる。

 

DNAが現代に適応できていなくてわたしを古代に引き戻しているのだろうか。