読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳専業主婦の日常

女子大生から専業主婦になったわたしとコメが栽培できる童貞SEの暮らしの記録

生きるために大学やめます。

 

女子大生という肩書きとさよならしようと決めました。

 

 

一年生の冬に病気になって以来、休学したりしながらもどうにかこうにか4年経った。

休学して取れてない単位を取るにはあと2年くらいかかりそうかなっていう現在。

 

 

どうにかしたかったけど、

もう、キツイなってわかりました。

今さらでもあるけど、この半年学校に通ってみてやっと実感がわいたし、諦めもついた感じ。

 

 

この半年は本当に勉強が楽しかった。

体調は万全ではなくて学校に通うのはもちろんちょっと大変だったけど、通えるだけ通って勉強ができて、すてきな学びがたくさんあって、すごく楽しかった。

 

もっとここで勉強したい。もっといろんなことを学びたい。絶対ここで卒論書きたいって思った。

 

 

でも、12月入ったあたりから身体が悲鳴をあげていた。

どうにか踏ん張っていたけど、持たなかった。

 

 

毎年冬になると調子を崩してきたけど、またか。やっぱりか。

 

もう、このまま頑張り続けるのは無理みたいだ。

 

頑張ったら死んでしまう。

 

 

学校に通いたくてたまらないけど、そしたら死んでしまう。

 

 

ここで諦めるの悔しくてたまらないけど、命が惜しい。

 

 

命が惜しかった。

 

生きたい。

なにより、一番は生きることだから。

 

 

好きな勉強が続けられなくたって、やりたいことができなくたって、誰に非難されたって、馬鹿にされたって、悔しかったって、

 

わたしは生きたい。

 

 

だから、生きるために大学を辞めよう。

 

 

心にも身体にも負荷をかけてまで大学を卒業しなくたって生きて行くことはできるんだから。

 

 

わたしは生きることを選ぼうと思う。

 

かっこ悪くたっていいさ。

 

わたしはこの決断ができた自分が好きだから。

 

 

 

馬鹿にしたいならするがいいさ。

馬鹿にする人はわたしがどんなに学校に行きたいかとか行くためにもがいたかとか知らない人なんでしょう。

 

 

幸いなことに、学校がなくたってわたしには生きる目的が、希望があるのだもの。生きていける。