読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

22歳専業主婦の日常

女子大生から専業主婦になったわたしとコメが栽培できる童貞SEの暮らしの記録

壺売りの女に

 

彼はわたしに会おうと言われて会うことになった時、

38年童貞として生きていた自分に女の子が突然会おうと言ってくるなんて、なんらかの犯罪に巻き込まれるに違いない。と思って、財布から身分証などの失くして困るものは全部抜いてきたそうである。

 

聞いた時は、おいおいまじかよー疑り深いなーと思ったけど

 

 

確かに、客観的に見たら疑わしさしかない案件である。

 

だいたい、こういう、おっさんに突然若い女の子が言い寄ってくるパターンは壺とか絵とか売りつけてくるやつだと思う。

 

 

 

わたしは壺の販売はしていないので、今のところ壺を売りつけてはいないようなのだが、

 

 

彼の周りの人などに

「詐欺では?」と疑われたりしていると、

ひょっとかすると、わたしは

気付いていないだけで、第2の人格とかが発現して壺を売りつけているのではないか?という疑念が湧いてきてしまう。

 

第2の人格とかいう概念、すごく厨二くさいけども

 

 

真剣に自分の手元に壺がないか確認してしまったし、彼の家にも壺が現れていないか確認した。

 

なかった。

 

 

 

でも、おもしろいので壺を売るプランはすこし考えてみた。

 

 

電磁波から大切なレメディを守るための壺と銘打ったらホメオパシー界隈の人にめっちゃ売れそう。

 

彼は爆笑するだろうけど

 

 

童貞として魔法使いまで登りつめた彼には魔法薬の調合に最適の壺とでも言ったら売れないかな?

 

魔法薬が媚薬なのか強壮剤なのかはたまた白濁した液なのかって議論を呼びそうだけど

 

 

彼のことだから梅干しの貯蔵・熟成に最適とかいえばあっさり買うかも。

それか、根がめちゃのびちゃう作物を植える時に地面に埋める用の壺とか言えば喜んで買うだろう。

 

 

 

 

もし壺売りの女が本当に現れたら教えてあげよう。

彼にはスピルチュアルな壺のパワーや芸術的な価値を説くより、実用性を強調するのがよい。

壺の活用方法をたくさん考えてから売りに来て欲しい。

 

 

もちろん、お値段と品質はホームセンターとタイマン張れるくらいでないとだめだけど。

 

え?壺ってもっと高いんですか?

え、地面に埋められないの?魔力もないの?電磁波からも守れないの?

 

最低でも梅干しの貯蔵にも適していない壺はわたしだったら売る気にならないです。

 

 

壺売りの女のみなさん、

梅干しの貯蔵に適していて、電磁波から大切なものを守れて、魔力があって、地面に埋められる、ホームセンターで買えるくらいの値段の壺を売りに来てください。

そしたら、買うので。

よろしくお願いします。