主婦の思考のたれながし

23歳の専業主婦です。言葉が溢れた時にここに吐き出します。

結婚式という妄想。

せっかくなので、ここらで結婚式について妄想しておこうと思った。

 

結婚という話題になると必ず結婚式の話もするし、よく考える必要があるなと思った。

 

 

ところが、いざ考え始めると

妄想をぶち壊す方向に進んだので妄想はちっとも楽しめなかった。

 

 

友達の結婚式に呼ばれる度に自分の結婚式の妄想をしていた。

こういう式にして、どんな衣装を着て、誰々を呼んでという具合に。

 

 

ところがどっこい、結婚が現実味を帯びてくると、なんか"ゼクシィ的価値観"に漠然とした違和感が湧いてきた。

というか、ゼクシィをきちんと読んでみたら違和感かな。

 

 

というわけで、

この機会に結婚について勉強しようと思い、図書館で結婚というワードに引っかかる書物を借りてきて、読み漁っている。

(私は本から知識を取り入れることを信頼しているのでたまにこういうことをする。)

 

 

はい。

とりあえず手始めにと読んだ、

『結婚の条件』と『結婚の才能』

同じ著者の本なのだが、見事に違和感を言葉にしてくれた。

 

その部分をざっくりまとめると、

多くの女子大生にとって、結婚とは結婚式のことである。

結婚式というショーをすることが結婚のゴールになっている。

それは、なんか違うくない?(結婚式のあとに続く日常生活が結婚なんだけどなぁ…)

 

娘は母親の願望が心の中に住み着いていて、それがあたかも自分の願望のようになっている。

周りのみんな(何人か)がこうしてるから私もこうするのがいいって思いがち。

 

 

みたいな感じ。

 

なるほど。

それな!!!!!!ってなった。

 

 

結婚式って、外箱の部分というか、あくまで通過儀礼だなぁと思った。

確かに、その後の生活の方が比重としては大事だと思う。私はね。

結婚式はしたいけど、ショーはしたくないなぁ…と思った。

 

後ね、結婚するってなったら、親とかがこんな結婚式が理想みたいなことを確実に言ってくると思うんですよ。確実に。

 

でもね、私は親の願望を叶えるためのお人形じゃない!!と反抗期の子供みたいなことを思いまして、自分の望むようにしたいなぁと思うのです。

 

 

一生に一度(予定)のことなのだから、内在化された他者(親、友人)の意思ではなく、自分の意思で決めたいなぁ…なんて、思うのです。

 

 

わがままっぽいけど、

周りが右を向けと言ったら右を向くんじゃなくて、

「右を向け」と言ってるのは誰なのか、右には何があるのかを考えて、どっちを向くかを決められる人に私はなりたいのです。

 

LINEより電話より何かを教えること

彼はいろんなことをわたしに教えてくれる。

コメの脱穀の仕方に始まり、UMAのこと、古事記のこと、オナホの構造、神棚の作り方……と数え上げればきりがない。

 

この間煮物の作り方を教わったので今日は煮物を作った。

 

野菜の皮の剥き方も味付けも落し蓋の作り方だって彼が教えてくれた。

 

 

彼にいろんなことを教わってしまったせい…いや、おかげで、わたしはあらゆるものを見る度に彼のことを思い出せる。

 

日常や心のあちこちにかなめさんが刺さっている。

 

 

 

ひっきりなしにLINEや電話をするより、コメの脱穀の話をする方がずっと相手に忘れられずに済むみたいだ。

だって、コメを食べる度に思い出す羽目になるから。

 

かなめさんにフラれたとしても、コメを食べずに生きて行くのはムリだもの。

 

糖質制限ダイエットをしていたって、煮物や魚で思い出すだろう。

おかずのない食卓はつらいからね。

 

 

もしも、"たたかい"の最中に彼が倒れてわたしの元に帰ってこなかったとしても
わたしは変わらず、彼の教えてくれた方法で煮物をつくったり魚をさばいたりして食べるだろうな。

 

 

相手に生活に密着した知恵を授けると一生覚えていてもらえるみたい。ナニコレ、すごい!!

 

 

付き合った男に花の名前を教えとくと、それが咲く度に思い出してもらえるよ。いぇーい。

的な話があるけど、本当それ。

 

 

わたしはかなめさんのせいで道端の草の名前をかなり覚えた。

食えるか食えないかもセットで。

 

 

恋人に忘れられたくないメンヘラ女子のみなさんは道端の草の名前を図鑑で調べて彼氏に日夜教え込んだらいかがだろうか?

鬼のようにLINEや電話をしたって既読スルーされるだけなのだったら、日常の中に自分をぐさぐさ刺しておいたらいいのだ。

 

 

煮物の作り方や魚のさばき方なんかは自分が生きる力にもなる。

生きる力は自分を守ってくれる。

着物を着ることのハードルが案外低かった

 

わたしは昔から着物が好きでことあるごとに着物を着ていた。

実家に着物はあったし母親が着付けをしてくれたので着ることができていた。

 

 

東京で一人暮らしを始めてから、そろそろ一人で着付けができるようになりたいななんて思っていた。

 

でも、着付け教室とか敷居が高そうだし、いくらかかるかわからんしなぁって尻込みしていた。

 

そんな時に、新宿のマルイアネックスで着物のなでしこさんというお店を見つけた。

そこでは、ワンコイン着付け教室というのをやっていて、

1時間のレッスンを4回習えば一人で着物が着られるようになるということだった。

4回通うだけでよくて2000円しかかからないんだ!着物着られるようになるのに!

最高かよって思って、4回通った。

 

結果は最高だった。本当に着られるようになった。もちろん完璧ではないけど

 

必要な道具はとりあえず実家から送ってもらって、

これでわたしは着物を自分で着る能力と必要な道具を得た。

 

 

そして、大胆不敵なわたしは着物を着られるような機会を見つけるとすかさず着物を着て出かけていった。

 

 

最初はめちゃめちゃ時間もかかったし、うまくできなくてもうやだーってなったりもしたけど

着物を着て出かけるとだいたい褒めてもらえるので、着物を着るのは楽しかった。

 

 

自分の気に入った着物もそろそろほしいなーと思いだして街を歩くと、古着の着物屋さんを見つけた。

わたしが最初に行ったのは、たんす屋さん。そこで、売られている着物は想像より全然安かった。

3000円くらいでも1着買えてしまう。

なんだ、洋服買うのと変わんないじゃん。

 

 

なんだ、着物を着るのってそんなに大それたことじゃないんじゃん。って思った。

 

 

初心者が必死に着た感じなので、街中でおばさまなんかに声をかけられて直されることもあったけど、

そういう人たちって、お前みたいな初心者が着物を着るなとか絶対言ってこないし

なるほど、こうすればよかったんやーということを身をもって教えてくれて、頑張って着ててえらいわよって褒めてくれる。

 

初心者なんだし、着たいから着ているのだし胸を張って着てしまえばよいのだ。

着物を着ることのハードルは近付いてみてみるとまったく高くない。

 

 

ここから、奥深い着物の魅力にずぶずぶはまって行くのはまた、別に書こうと思う。

 

 

クリエイティブすぎて困ってます。

 

わたしが破壊したしゃもじホルダーをピンバイス(特殊な工具)で修理しようとするような彼なので、普段からやたらとクリエイティブ精神に満ち溢れている。

 

 

実際に、彼は数々の野菜はもちろんのこと米の栽培にまで手を出している。

味噌も味噌玉から製造しているらしいし

 

繊維から糸をつくるからと、木の枝を玄関に置いていたこともあった。

 

 

煮物を作るのにみりんがないと言ったら、

 

「みりんなぁ…頑張れば作れると思うんだよなぁ」

 

と頭をひねっていた。

 

 

………ツッコミどころが多すぎるので今回はあえてつっこまない。

 

 

やたら嬉しそうに帰ってきたな、と思ったら、粉からこんにゃくを作れるキットを買ってきたのだという。

 

 

おっかなびっくりわたしもこんにゃくの製造に協力したのだが、

初期状態のこんにゃくが金魚のエサの匂いしかしないので、慄いていた。

 

金魚のエサの匂いからこんにゃくの匂いに変わった時はちょっと感動した。先人の知恵というのはすごい。

 

そうしてわたしたちはこんにゃくを作り上げた。

 

こんにゃくはおでんで食べるのが最高なので、味噌だれも作ってこんにゃくをおいしく食べた。

 

 

手作りのこんにゃく、最高。

 

 

最近私たちが一番エキサイトした話題は、

なかなかフィットする足袋がないから作ろうか→足袋作れるなら帯とか余裕で作れそう→てか、着物作れば安上がりでは→とりあえず、帯と足袋作ってみんべぇ

 

ということになって、実際にユザワヤに布を買いに行った。

 

縫い物はわたしの専門分野なので滾って布を選んでいたら、彼が言い放った。

 

 

「布もさ、織れたら最高だよね。」

 

 

は????そこから?そこからやるの?

やばい、レベルが違った…

 

「機織り機どうやって入手するかは問題だけど、最悪作ればいいよね。」

 

 

うん????

いや、ど正論なんだけどね?

 

 

わかるよ?言いたいことはわかる。

わかるけど、一体わたしたちが何を目指しているのかがわからなくなってきたよ、パトラッシュ……

 

 

布を織るのはおもしろそうだから機織り機でもなんでも作ればいいと思うけど、そうなると彼は綿花を栽培してそこから糸を紡ぎだしそう………

 

 

彼のそういうところ、おもしろいと思うし、わたしもノリノリで型紙ポチったり、機織り機の入手方法を考えたりしているのだけど、

わたしたちは一体どこに向かっているのだろう……パトラッシュ………

 

 

とりあえず、はちゃめちゃにクリエイティブな彼と暮らしていると常識がぶち壊されるのでとても楽しい。

 

 

 

年末年始、実家のミシンで帯を縫うつもりでいるので相当クリエイティブ菌がうつってきているな、とは思う。

たまに本当に魔法が使えるようだ

 

魔法使い(童貞)であった彼なのだけれど、たまに本当に魔法が使える時があるのをわたしは知っている。

 

 

彼が、わたしが疲れている時や緊張して凝り固まっている時を見抜いて、かける呪文がある。

 

「うずらさん、今日銭湯行こうか。」

 

 

こう言って彼はわたしを銭湯に連れ出してくれる。

 

 

2人で銭湯に行って、出る時間を決めて、意外と長風呂な彼を待ちながら、熱いお湯に浸かってみたりぬるいお湯に浸かってみたりしていると

不思議と気持ちが楽になってくる。

 

 

なんか、まあ、今日もいい一日だったかもしれないと思えてくる。

 

 

 

不思議なことに、

疲れたとか、落ち込んでるとか

一言も言わなくても、彼にはなんとなくわかるらしい。

 

そして、どうしたら元気になるのかわかるらしい。

 

 

わたしは、銭湯とか温泉とかお風呂が好きだ。

知らない人でも知ってる人でもいいから、人と一緒にお風呂に入るのが好きなのである。

 

 

そんな話をした覚えはないけど、毎日、「一緒にお風呂に入ろう!」

ってせがんでいるからバレたのかな

 

 

こんなこともあった。

具合が悪くて何も食べられないでいるわたしに、彼がりんごをむいてくれた。

 

一口だけかじってまた横になると、今度は焼きりんごにして持ってきてくれた。

 

 

焼きりんごは柔らかいので食べられた。

 

 

わたしは具合が悪いときはいつもりんごを食べる。

擦ったり、煮たり、焼いたり、食べやすくして

 

 

そんな話をした覚えはないのにどうして彼にはわかるのだろう。

 

 

たまにそういうことがある。

 

わたしは彼はやはり魔法が使えるらしいと思っている。

 

 

それか、実はエスパーで心の声が聞こえるのかもしれない。

 

 

 

 

 

(…あなたのこころに、直接呼びかけています……….、松屋牛めしを……買うのです………並盛りで………)

 

ってやれば、LINEという文明の利器の力を借りなくても、松屋牛めしを買ってきてもらえるんだろうか?

今度、試してみよう。

 

わたしががさつすぎて悲劇が起きた

わたしはけっこう大胆不敵な性格をしているので、それにともなってけっこうにがさつである。

 

先日、そのがさつさ故に事件を起こした。

 

 

ほんの出来心だったのだけど、

たまには炊飯器の横についてるしゃもじホルダーを洗うかーと思って

炊飯器に吸盤でくっついているそれを外そうとした。

 

そしたら、割と固くて外れなかった。

 

でも、こういうものはどうにか頑張れば必ず外れるようになっている、という確信はあった。

 

 

こういう時に知能の高い猿は、引っ張る以外で何か別の外し方があるのではないか?と模索するものだが、

 

なにを隠そう、わたしは知能の低い猿である。

 

 

思いっきり引っ張れば外れるだろう、と思ったのである。

 

 

そして、実行した。

 

 

結果として見事に外れたのでわたしは満足して、

読書などしつつ楽しく彼氏の帰りを待っていた。

 

 

 

もう皆さん予想がついているとは思いますが、

帰ってきた彼氏が炊飯器に残っている吸盤を眺めた後、わたしを呼んだ。

 

 

「うずらさん、これ折った?」

 

言われて見ると、吸盤になにかプラスチックのような破片が残されている、

ああ、なるほど。これって折れてるのかー

 

 

一瞬感心してしまったが、それどころではない。

 

やってしまった。人のお家のものを破壊してしまった………

 

 

めちゃめちゃ謝罪する体制に入って、ごめんなさいマシーンになっていたのだが

彼氏はずっと難しい顔をしていた。

 

 

これは、本格的にまずい………

これは、激おこぷんぷんまるなやつだ…………

 

 

と、思っていたら彼氏が口を開いた。

 

 

殺される可能性を考慮して1mほど距離を取るわたし。(もちろん、さりげなく)

 

 

「もしかして、怒ってると思った?

いや、あのね、なんか特殊な工具(聞いたけど名前忘れた)で穴開けて針金通せば直せるかなーって思ってたんだよね。」

 

 

は???

 

 

「やっぱ、アレ(特殊な工具)持ってきとけばよかったなー。一年に3回くらい必要だなーって思うときくるんだよねー。」

 

 

は????

しゃもじホルダーへし折って、その特殊な工具が必要な状況作り出したのはわたしだけど、は???

 

 

だってごめん、直すっていう発想がなかったわ。

直すとしてもアロンアルファとかもっと一般的なやつしか思いついてなかったわ。

 

 

てか、一年に3回ほど、錐より小さい穴が開けられる工具が必要になる生活ってなんなんですか?どういうことですか?

 

 

もう全然わからないけど、とにかくごめんなさい。

 

 

 

 

わたしは今日もまた、百均に寄って似たようなしゃもじホルダーを買うのを忘れた。

 

明日は忘れないように、程よい時間に「しゃもじホルダー」って名前のアラームをかけようと思う。

 

ぐるぐるまわっているわたし

わたしは結構周りから、自分を持ってるねって言われるタイプの人間。

これが好き。だからやる。とかはっきりしてて

はっきりした趣味があって

 

 

でも、本当はわたしはいつだってふらふらしている。わたしから見たわたしはいつだってふらふらしている。

だから、いつも、アイデンティティを見つけようとしてあがいてってことを繰り返してきた。

 

今はたくさんのわたしを支える軸があってわたしはその中をぐるぐる巡っている感じ

 

わたしを軸があると判断する人はそれのどこかにつかまっているわたしを見ている。

 

それが強いことなのはわかってるけど、わたしはいつもたくさんあるがゆえに、それらがなくなってしまうこと

どれかが倒れる痛みに常に怯えている。

 

 

病院に入って、わたしの周りにあったすべてのものがなくなったあの時をわたしは鮮明に覚えていて、恐怖している。

 

 

本当に、すべて。

家族にいたるまで。

ほんの少しの生活用品と病気のわたし

たった1人の病室で天井のねじを数えるだけの一日。

携帯もテレビも本もない

 

 

いつだってあそこまで転がり落ちる可能性をはらんで毎日生きている。

 

 

こわくてこわくてたまらないよ。

 

 

 

自分が思っていたよりずっとわたしはこわがりだった。

 

 

持っている軸が揺らぐ、というよりさっぱり周りから離れてしまった痛みを覚えているから、いつだって、また同じようになることを恐れている。

 

 

 

だから、ひとつの軸にぎゅっとつかまるのがこわい。

それが倒れた時のこと、その間に他のがなくなっていることがこわい。

 

 

そんなわけでわたしはいつもぐるぐるしている。それだけ。

 

別に悪いことじゃないと今なら思える。

そんなわたしもわたし。

 

 

こわいのだけは、どうにもならないけど。